国民を貶める安倍政権

ここまで国民を貶(おとし)めた政権が過去にあったでしょうか。 自分(首相)に都合のいい人物(黒川東京高検検事長)を、検察トップ(検事総長)に据えようと法律違反(検察庁法違反)してまで準備(閣議決定で、にわか定年延長)したが、当の本人(黒川氏)が「新型コロナウイルス感染症」の緊急事態宣言下に、マスコミ関係者と「賭けマージャン」(賭博罪)をしていたのです。 あきれて、ものが言えません。結果、黒川…

続きを読む

「どさくさ紛れ」を許すな!検察庁法改正

現在、国会で「検察庁法改正案」の審議が行われています。 その改正案の内容に対して今、多くの著名人がSNSで反対意見を発信しています。 この問題の本質は、安倍首相が「森、加計問題」等で将来、自分に及ぶかもしれない検察の捜査を、今のうちにつぶしておこうと前準備をしているのです。 国民が「新型コロナウイルス感染症」で大変な思いをしている時、どさくさ紛れに、「自分の身を護る」ことだけを考えているの…

続きを読む

「ハナミズキ」が満開です

今年も庭の「ハナミズキ」の花が満開になりました。今年は花付きがよく見ごたえがあります。 新型コロナウイルス感染症の大流行で世の中が暗い雰囲気の中、心を癒してくれます。 昨年の暮れは大変でした。花芽のついた小さな枝にビッシリと、丸いものが取り付いていたのでネットで調べると、「タマカタカイガラムシ」という虫でした。 夏に付いた多くの花芽を何とか開花させなければと、ネットの情報を見ながら対策を立…

続きを読む

「新型コロナウイルス感染症」の大流行に思う

4月7日、日本政府は遂に「新型コロナウイルス感染症」に対する「緊急事態宣言」を7都府県(東京、神奈川、埼玉、千葉、大阪、兵庫、福岡)に対して発令しました。 現在、日本での感染状況は都市部で「爆発前夜」のようです。(発表された数字を見る限りでは) 昨年暮れ、中国の武漢で発生した「新型コロナウイルス感染症」が世界中に拡がり、WHOは3月11日に「パンデミック(世界的な大流行)」を宣言していました…

続きを読む

「俳優・宍戸錠」さんを悼む

先日(1月21日)、日活のアクション映画で活躍した俳優の宍戸錠さんが亡くなりました。86歳でした。 私が「宍戸錠ファン」になったのは小学校高学年の頃でした。 きっかけは、兄からもらった映画ポスターの切れ端でした。そこには「アクションスター・宍戸錠」のかっこいい姿が写っていました。 私は彼の映画を1本も観ないまま、ファンになってしまったのです。 その後、彼が共演する、小林旭さん主演の「渡り…

続きを読む

庭で「雨蛙」が冬眠しています

庭に水平に巻いてある水道ホースの間から雑草の芽が伸びていたので取り除く準備をしていました。 ホースを脇に移動し、その下に設置してあるプラスチック製のホース台を移動したところ、下に見慣れない動物が1匹いました。 形は雨蛙なのですが、体の色が緑色ではなく斑の灰色でした。 冬眠しているのだと思い、指で軽く突いてみたのですが、全く反応がありませんでした。 少し休んで、もう1回軽く突くと少し動いた…

続きを読む

ドラマ「やすらぎの刻~道」にハマっています

テレビ朝日系列の昼の帯ドラマ「やすらぎの刻(とき)~道」に、ハマっています。 このドラマは2017年4月~9月まで放送された、倉本聰・脚本のドラマ「やすらぎの郷(さと)」(テレビ人専用老人ホームの物語)の続編ですが、今回のドラマは二重構造となっており、「やすらぎの郷」のその後の物語と、同ドラマの主人公である脚本家・菊村栄(演:石坂浩二)の書く脚本に沿って、劇中劇(道)が展開される設定になってお…

続きを読む

「ツワブキ」の花が今年も咲きました

庭の「ツワブキ」の黄色い花が今年も見事に咲きました。 毎年咲くツワブキの花を見ると、今は亡き祖母の面影が偲ばれます。 子供の頃、ツワブキを採っては祖母に渡し、茹でた後に皮をむくまでが子供の仕事でした。 祖母が皮をむいたツワブキを下処理(灰汁抜き)後、煮物として調理していました。 今回、ツワブキについてネットで調べたところ、有毒な「ピロリジジンアルカロイド」という物質が含まれていることを知…

続きを読む

巨樹ファン

私は子供の頃より大きな木(巨樹)に畏敬の念を抱いて来ました。 生まれ育ったところには、大きな木(巨樹)が複数本あり、その根元には小さな祠が祀ってありました。 そばを通る時、子供ながら祠に手を合わせていました。 「ブログタイトル=大きな緑の木の下で」もそんなところから名付けたものです。 そして今回、「ウェブリブログ」の大規模メンテに合わせて、オリジナルの「ブログタイトル背景画像」を一つ設定…

続きを読む

「いじめを止めた」経験

最近、「教師が教師をいじめる」動画付のニュースをみて、反吐(へど)が出る思いがしました。 私達の社会は「いじめ」を減らす努力を本当にしているのだろうか?疑問に思います。 他人には、ほとんど話したことはないのですが、今から数十年前の子供のころ、私には「いじめを止めた」強烈な経験があります。 そこで、その経験を振り返ってみることにより、そこから何か見えてくるかもしれないと思い、試みることにしま…

続きを読む

今年は「国際周期表年」です

 今年(2019年)はメンデレーエフ(ロシアの化学者)が元素の周期律を発見して150年の節目の年で、「国際周期表年」だそうです。 私が学生だった頃、周期表の元素はまだ103個でした。現在は118個で15個も増えています。 この中には、日本の「理化学研究所」で合成され、命名された「ニホニウム(Nh)」もあります。将来、まだまだ増えるでしょう。 少し前、「NHK-Eテレ」で周期律についての番組…

続きを読む

ブログ大規模メンテ後・確認投稿

2019年7月2日、「ウェブリブログ」の大規模メンテナンスが行われました。 そこで遅蒔きながら、ブログ機能確認のため記事を投稿しました。 一般的に、大きなプロジェクトには初期トラブルは付き物です。 それらの一つ一つを地道に解決してこそ、プロジェクトは成功するのです。 そのためには、投稿者は不具合を早くブログ担当者に知らせることが重要です。 しかし、解決には若干の時間がかかることも投稿者…

続きを読む

竹の精霊?

初夏になると、庭に植えてある黒竹の芽が「これでもか!これでもか!」とばかりに出てくるため、毎年芽切りが大変でした。 数十年間、この作業を続けていたのですが、思い切って竹を処分することにしました。 根を掘り起こして天日で乾燥させ、短く切って、可燃物の袋に詰めました。 その作業の途中で、ふと目に入ったのが傍らの「竹の精霊?」(写真)でした。 シルクハットをかぶり、あごひげを蓄え、仮面をかぶっ…

続きを読む

蛙始鳴(かわずはじめてなく)

連休最終日の5月6日は「二十四節気」(にじゅうしせっき)の一つの「立夏」でした。 「二十四節気」を更に3分割したのが「七十二候」(しちじゅうにこう)で、立夏の後の約5日間を「蛙始鳴」(かわずはじめてなく)というそうです。 意味は「読んで字のごとく、蛙が鳴き始める頃」です。 我家の庭には、2匹の「蛙」(雨蛙)が住み着いているようです。 天気がくずれるタイミングには、大きな声で鳴いています。…

続きを読む

「カローラ・スポーツ新CM」のロケ地を推理してみた

2019年1月から始まった「カローラ・スポーツの新CM」を楽しく見ています。しかし、ロケ地が何処なのか?ずっと気になっていました。 ネットで調べれば直ぐにわかりますが、あえて推理してみることにしました。 CM前半部分の映像からは海岸近くの道路であること、あるいは島かもしれないことが考えられます。 後半の部分からは、独特の自然を持つ険しい崖のある風景より、火山性の地形では?と推察しました…

続きを読む

「東日本大震災から8年」に思うこと

あの日から8年の歳月が経過しました。被災者の方々にとっては本当に苦しい歳月であったとお察しします。 私があの日以来、強く気にかけているのが原発事故のことです。いまだに廃炉の道筋は見えていません。 8年の歳月が経過することにより、「事故の風化」と共に、事故についての様々なこともわかってきました。 私は今、それらをパズルのごとく組み合わせ、事故の実体を素人にもわかるようにできないかと、研究を続…

続きを読む

「強盗逃亡犯と鉢合わせした」経験

2018年も今日で最後となりますが、今年もいろいろな出来事がありました。 私が一番気になった事件は、8月12日、大阪・富田林署で勾留中の樋田淳也容疑者(強制性交や強盗致傷の疑いで逮捕)が弁護士と接見後に接見室のアクリル板を破壊して逃走した一件です。 事件の結末は9月29日、日本一周を掲げた自転車旅行者に化けた樋田容疑者が山口県周南市の道の駅で万引きしたところを民間のガードマンにつかまるという…

続きを読む

「命の危険がある暑さ」に思う

日本中が今までに経験したことのない猛暑にうんざりしています。気象庁は「命の危険がある暑さ」と表現して、連日注意を呼び掛けていす。 7月23日には埼玉県熊谷市で国内の観測史上最高を5年ぶりに更新する41.1℃を記録しました。そして、全国の観測地点の約四分の一で最高気温が35℃以上の猛暑日となりました。 続く猛暑の中、私には今でも忘れられない経験があります。 今から十数年前、私は気温43℃の環…

続きを読む

「カローラ・スポーツのCM」を見て、思い出したこと

ちょっと前になりますが、天空のドライブウェイを彼女と二人で楽しくデートをしている「トヨタカローラ・スポーツのCM:気持ちいい日篇」の日本離れした風景に目を奪われました。 (出演は男優=菅田将暉&女優=中条あやみ) 早速、インターネットで調べてみると、このCMのロケ地が四国・石鎚山系の山々の尾根近くを走る「瓶ヶ森林道(かめがもりりんどう)」、正式には「いの町道・瓶ヶ森線」(寒風山隧道の高知県側…

続きを読む

破壊される日本の統治システム

毎日、新聞やテレビの報道で流れるものは「事実の否定」、「嘘の報告」、「忖度」、「文書の改ざん」、「責任ある者のセクハラ」、遂には「司法」までもが忖度を疑われる始末です。日本の統治システムが無残にも破壊されていく現象ばかりです。 日本は何故このような国になったのでしょうか?原因は何処にあるのでしょうか? 国の最高指導者が「政治家としての矜持も持たず、あったことも、なかったことにしようと一所懸命…

続きを読む