ブログ大規模メンテ後・確認投稿

2019年7月2日、「ウェブリブログ」の大規模メンテナンスが行われました。 そこで遅蒔きながら、ブログ機能確認のため記事を投稿しました。 一般的に、大きなプロジェクトには初期トラブルは付き物です。 それらの一つ一つを地道に解決してこそ、プロジェクトは成功するのです。 そのためには、投稿者は不具合を早くブログ担当者に知らせることが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

竹の精霊?

初夏になると、庭に植えてある黒竹の芽が「これでもか!これでもか !」とばかりに出てくるため、毎年芽切りが大変でした。 数十年間、この作業を続けていたのですが、思い切って竹を処分す ることにしました。 根を掘り起こして天日で乾燥させ、短く切って、可燃物の袋に詰めま した。 その作業の途中で、ふと目に入ったのが傍らの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

蛙始鳴(かわずはじめてなく)

連休最終日の5月6日は「二十四節気」(にじゅうしせっき)の一つ の「立夏」でした。 「二十四節気」を更に3分割したのが「七十二候」(しちじゅうにこう) で、立夏の後の約5日間を「蛙始鳴」(かわずはじめてなく)という そうです。 意味は「読んで字のごとく、蛙が鳴き始める頃」です。 我家の庭には、2匹の「蛙」(雨蛙)…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「カローラ・スポーツ新CM」のロケ地を推理してみた

2019年1月から始まった「カローラ・スポーツの新CM」を楽しく 見ています。しかし、ロケ地が何処なのか?ずっと気になってい ました。 ネットで調べれば直ぐにわかりますが、あえて推理してみることに しました。 CM前半部分の映像からは海岸近くの道路であること、あるいは 島かもしれないことが考えられます。 後半の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「東日本大震災から8年」に思うこと

あの日から8年の歳月が経過しました。被災者の方々にとっては本当 に苦しい歳月であったとお察しします。 私があの日以来、強く気にかけているのが原発事故のことです。いま だに廃炉の道筋は見えていません。 8年の歳月が経過することにより、「事故の風化」と共に、事故について の様々なこともわかってきました。 私は今、それ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「強盗逃亡犯と鉢合わせした」経験

2018年も今日で最後となりますが、今年もいろいろな出来事がありまし た。 私が一番気になった事件は、8月12日、大阪・富田林署で勾留中の樋田 淳也容疑者(強制性交や強盗致傷の疑いで逮捕)が弁護士と接見後に 接見室のアクリル板を破壊して逃走した一件です。 事件の結末は9月29日、日本一周を掲げた自転車旅行者に化けた樋田…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「命の危険がある暑さ」に思う

日本中が今までに経験したことのない猛暑にうんざりしています。 気象庁は「命の危険がある暑さ」と表現して、連日注意を呼び掛け ています。 7月23日には埼玉県熊谷市で国内の観測史上最高を5年ぶりに 更新する41.1℃を記録しました。そして、全国の観測地点の約 四分の一で最高気温が35℃以上の猛暑日となりました。 続く猛…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「カローラ・スポーツのCM」を見て、思い出したこと

ちょっと前になりますが、天空のドライブウェイを彼女と二人で楽しくデートをしている「トヨタカローラ・スポーツのCM:気持ちいい日篇」の日本離れした風景に目を奪われました。 (出演は男優=菅田将暉&女優=中条あやみ) 早速、インターネットで調べてみると、このCMのロケ地が四国・石鎚山系の山々の尾根近くを走る「瓶ヶ森林道(かめがもりり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

破壊される日本の統治システム

毎日、新聞やテレビの報道で流れるものは「事実の否定」、「嘘の 報告」、「忖度」、「文書の改ざん」、「責任ある者のセクハラ」、遂 には「司法」までもが忖度を疑われる始末です。日本の統治シス テムが無残にも破壊されていく現象ばかりです。 日本は何故このような国になったのでしょうか?原因は何処にある のでしょうか? 国の最…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「自分史」が遂に完成

作成に数十年を費やした「自分史」が遂に完成しました。 まだ「自分史」という言葉が珍しかった頃(1980年代)、私は 自分史に関する一冊の本と出合いました。 その本には「自分史は人生の終盤に書くだけでなく、人生の 途中から書けば、以後の人生をどう生きるかの指針にもなる」 というようなことが書かれていました。 私はす…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

安倍首相の道徳観念

小学校で2018年度より、中学校で2019年度より「道徳」が正規の 教科となります。 これは安倍首相の強い肝入りで実現したと言われています。 では、全国の小中学生が正規の教科として学ぶこととなる「道徳」 を鏡に見立て、今の世の中で起こっていることを考えてみたいと 思います。 「森友学園問題」、「加計学園問題」が世…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トランプ大統領誕生と世界の混乱

いよいよ1月20日、アメリカ大統領にトランプ氏が就任し ます。選挙中及びその後の言動により世界各国は今後の アメリカの動向に不安を抱き、大きな混乱に陥っています。 約8か月前、私はある集まり(私的な)の席上トランプ大統 領を予想しました。周りの人たちは「それはあり得ない!」 と、みんな笑っていました。 その後も私の信…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

宇多田ヒカル「サントリー天然水」CMに出演

9月25日(日)から全国でオンエア開始された「サントリー天然 水」の新TV-CMに歌手の宇多田ヒカルさんが出演しています。 南アルプスの大自然を舞台にした、臨場感あふれるCMです。 CMの楽曲「道」は9月28日(水)に発売された彼女の最新アル バムの収録曲で、「逃げずに向き合った、亡き母への真っ直ぐな 思いを書いた詞」と言…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

山陰(安来・松江)で「和と洋の美」を楽しみました

先週、山陰・島根県の安来市と松江市を訪れ「和と洋の美」を楽 しんできました。 安来市では「足立美術館」を訪れ、借景を取り入れた「枯山水の 庭」と横山大観を代表とする「日本画の数々」をじっくりと鑑賞し ました。 横山大観の作品の素晴らしさにはいつも圧倒されます。そのこと が影響していたのかもしれませんが、私は今迄大きな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ハナミズキ移植」3年目の花

2014年3月に「ハナミズキ」を移植して丸2年が経過しまし た。 3年目の今年は根も活着したとみられ、見事な花を咲かせて くれています。 花の咲き始め頃、強い雨と風にさらされましたが1輪も散るこ となく咲き続けています。 毎日、テレビから流れる「熊本地震」のニュースに心を痛めて います。被災地に親戚がいるので人…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「重力波」観測成功に感激

2月11日、アメリカの研究チームが「重力波」を初めて観測したと 発表しました。 発表によると、2015年9月14日午前9時50分45秒、アメリカ ・ルイジアナ州とワシントン州にそれぞれ設置してある重力波観 測装置(LIGO)で地球から約13億光年離れた二つのブラックホ ールが合体した時に出たとみられる重力波を0.2秒間検出…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

春を待つ生き物

昨日は朝から快晴だったので自分で布団カバーを洗濯しました。 庭の物干しに干したところ、日当たりが少し悪かったため、支柱 を片側だけ少しずらしました。 すると、支柱下部のコンクリートの下に二匹の「トカゲの子供」が 冬眠していました。 小さな棒で体をつついてみると、足を少しだけ自ら動かしたので 冬眠であることが確認出…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ハナミズキ移植」1年半経過

昨年3月に移植したハナミズキが今年の9月で1年半が経過しま した。 移植して間もない昨年夏に付いた花芽が今年春に咲いたため、 今年の花数は少なく寂しい花見でした。 移植半年後の昨年秋頃には樹勢がちょっと元気がなかったので すが、現在は根も順調に張って来ていると思われ葉が茂り、9月 中旬ころより紅葉し始めました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

豪雨の爪痕

今年もあちこちで豪雨が続き、大きな被害が発生しています。 今や、1時間当たりの雨量が100ミリを超しても驚かなくなり ました。 昨年8月、私の住んでいる地域でも1時間当たりの雨量が約7 0ミリの豪雨が降り、近くでは浸水やがけ崩れが発生しました。 幸い私の家は無事でした。 ウォーキングコースもあちこちで土砂崩れがあり、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

安倍首相は安保法制を何故急ぐのか

私は長年、「政治家・安倍晋三」について研究して来ました。 その結果を基に、今国会で安倍首相が成立を急いでいる「安 保法制」について私の考えを書いてみたいと思います。 安倍首相を知るためには彼の個人的政治スローガンである 「戦後レジームからの脱却」とはいったいどんな意味を持って いるのか知る必要があります。私は次のように解釈…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more